2016年8月22日月曜日

外国人へ「門戸の開放」を実現した「川崎方式」の検証ー多文化共生を考えるー

外国籍公務員人事に関する日本政府の「当然の法理」見解に関して、外国人の差別を制度化して、全国の地方自治体のモデルになった「川崎方式」を撤廃させることが差別をなくす運動としてなによりも重要です。この点のご理解を深めていただくために、14年前のこの講演録をご紹介します。

私は戦後の在日の中で差別に公然と立ち向かい歴史に残る功績をあげた身近な人物として、日立就職差別闘争に勝利した朴鐘碩と、管理職試験を拒否した東京都の「当然の法理」に闘いを挑んだ鄭香均の二人を文句なくあげます。

   集英社新書WEBコラム   
      http://shinsho.shueisha.co.jp/column/zainichi2/011/
   在日二世の記憶  在日コリアンの声を記録する会
   痛みを分かち合いたいから差別される側に
   鄭香均(チョン・ヒャンギュン) 

二人とも川崎に住み、そこでの地域活動を共にした仲間です。二人に出会ったことを喜び、その闘いの歴史を地域の特に若い人たちが共有化し、自分たちの生き方を模索する参考にしてほしいと心から願います。川崎で差別をなくすべきと立ち上がった日本の市民たちにも、その歴史をしっかりと知り、これからの闘いにいかしていってほしいと願ってやみません。  崔 勝久

  
               
外国人への「門戸の開放」をした「川崎方式」の検証―多文化共生を考える

         崔 勝久                                                              2004年12月4日
          《東京都知事を訴えた鄭香均さんを囲んでの川崎集会》       

はじめに
 川崎では在日韓国教会の保育園を中心にした地域での教育活動(1969年)があり、外国人市民の差別に抗して人間らしく生きようとする動きが多くの日本市民の共感を呼び、協働して、国籍を理由に解雇された日立就職差別裁判闘争(「日立闘争」1970-1974年)や、児童手当や市営住宅の入居資格の国籍条項撤廃運動(1975年)、「川崎信用金庫事件」(1978年)などと取り組んできた歴史があります。その中で在日朝鮮人は自尊心を回復しながら、具体的な運動の成果を積み重ねてきたのです。その流れのなかで「多文化共生」を掲げ行政と提携した、公設民営の社会福祉法人青丘社ふれあい館の「誰もが力いっぱい生きる」ことをめざす新しい活動がはじまりました(1988年)。在日子弟だけでなく、急増するニューカマーや高齢者、障害者を対象にした地域での幅広い活動をはじめています

一方川崎市は、革新市政の時代からの「指紋押捺拒否者の告発はしない」(1985年)という市長表明を皮切りにして、市内の公立学校に通う在日子弟の教育問題に取り組むために外国人市民(特にお母さんたち)の要望に応えて「川崎市在日外国人教育基本法―主として在日韓国・朝鮮人教育―」の制定をしました(1986年)。現在、「差別の根絶に向けた施策の実施と条例制定の提案」を掲げて当選した福田市長の下で、差別や偏見のない社会を実現するための施策が進められています。民族差別だけでなく、「あらゆる差別を許さず、偏見をなくしていくためには、その基本となる条例が必要」という有識者会議の答申に対して市長はヘイトスピーチへの対応を含めて、「答申を踏まえて施策を展開していきたい」(神奈川新聞、<時代の正体>2018年3月29日)と述べています。

この小論においては以下の2点のことを取り上げ検証します。第一に、私の個人的な経験ですが、実は外国人保健婦第一号の鄭香均さんが国籍を理由に課長職の試験が受けられずに都知事を相手にはじめた「都庁国籍任用差別裁判」(1994-98年)の過程で、私は川崎市のことをよく聞けば彼女の裁判闘争に助けになるのではないかと思い、川崎市の人事課に行って「川崎方式」によって政令都市で初めて外国人への「門戸の開放」(1996年)をした川崎市の実情を聞きました。しかし人事課の話を聞いていくと、「あれ、おかしいな、東京と同じではないか」と思いはじめ、政府見解の「当然の法理」がいかに地方自治体の外国人の人事(任用)施策に関して絶対的な力をもっているということをあらためて思い知らされることになりました。この「当然の法理」及び「川崎方式」について積極的に問題提起をし、具体的な動きをするところは現在、行政内部においても、また運動側にもないようです。マスメディアでも大きくとりあげられていません。このふたつがどのような問題を抱えているのかということを検証します。
第二に、外国人市民の人権の実現のためには、地域の変革が不可避であり、「開かれた地域社会」を目指すことにつながるということを記します。行政とは協力しあいながらも、「開かれた地域社会」に不可欠な住民主権に基づく活動は必ずしも、行政の枠組みの中でその影響力の行使によって実現されるということではありません。先の第二次大戦の労働運動や女性運動、部落解放運動などがすべからず国家を通しての運動になって本来の使命をはたすことができなくなったという歴史を顧みるとき、差別偏見のない社会は地方自治体の指導下で育まれるのではなく、地域住民の日常的で自発的な営為と住民間の密接な関係性のなかで生まれてくると考えるからです(注)

. 鄭香均さんが問うた「当然の法理」の実態と問題点

①「当然の法理」について
 鄭香均さんが東京都の職員になったというのもまた、「日立闘争」の流れの中でのことです。私自身が大学生のときは在日朝鮮人が大企業に就職するというのはありえないことでした。それが朴鐘碩氏の「日立闘争」の勝利判決以来、国籍を理由に解雇してはいけない、差別は許されないという運動が全国的なものになりました(民族差別と闘う連絡協議会[民闘連])。そして弁護士に在日朝鮮人もなれる(金敬得)、地方公務員でもなれるという大きな流れにつながり、鄭さんも東京都の職員になりました。
鄭さんは外国人として試験を受け東京都の外国人保健婦第一号になったのですが、しかし10年後、同僚の推薦で課長になる試験を受けようとしたところ、外国籍の人は課長の試験は受けられませんよといわれて申請用紙をもらえなかったのです。それがきっかけではじまったのが鄭さんの裁判です(1994年)。それは職業選択の自由、法の下の平等および人種差別の禁止に反するという訴えです。鄭さんが課長試験を受けられないという根拠になったのは政府見解にすぎない「当然の法理」でした。しかし、東京都の募集要項の中では国籍条項のことは何も記されていませんでした。募集要項の中に管理職の受験者は日本人に限るという記述は何もなかったのです。 

「当然の法理」は1953年、日本の独立直後の日本籍を喪失した外国籍公務員(台湾人、朝鮮人)の処遇に対する内閣法制局の見解です。「公務員に関する当然の法理として、公権力の行使又は国家意思の形成への参画にたずさわる公務員となるためには日本国籍を必要とする」、これが今日に至るまで全ての地方自治体が従う基準になっています。国家と地方自治体との関係は2000年の地方分権一括法で対等になっているはずですが、法律でも条例でもない政府見解がどうしてここまで実質的な拘束力をもつのか、その法的根拠は何か、いまだ解明されていません。
1953年の「当然の法理」は、独立にあたり新たな国づくりに取りかかった日本国政府が外国籍公務員として残った台湾人、朝鮮人の位置づけを明らかにした見解ですが、私たちはその根底には排外主義なナショナリズムがみられ、個の人権よりも国家を優先する植民地主義史観の残滓を払拭しきれないでいると考えています。日本国は日本人のものであり、外国人が公務員になることを禁止はしないまでも、管理職に就いたり(「公の意思形成」)、公権力を行使する職務に就くことは許されない(「公権力の行使」)、それは日本人しかやってはいけないことに決まっている、言うまでもない、これが「当然の法理」です。

内閣法制局の「当然の法理」という見解によって、旧植民地下で「日本人」公務員であった台湾人、朝鮮人は日本の独立後、改めて日本国籍をとるか(帰化)、そうでなく外国籍公務員として残っても管理職に就けず、働く場も限られるということになりました。この措置の背景として、日本国はそもそも植民地主義政策で台湾、朝鮮を合併支配し日本国籍を強要してきたことに対する責任と謝罪の上で、日本に残った台湾人、朝鮮人にどのような施策をするべきなのかという、旧宗主国としての責任を明示してこなかったという歴史的背景があります。日本の敗戦後サンフランシスコ講和条約までは、日本に残った台湾人、朝鮮人は一律、日本国籍を持つ者とみなされながら外国人登録を強いられ、第三国人と位置づけられていました。日本政府は日本に残った朝鮮人を迷惑な存在とみなしできるだけ日本から追っ払いたいという思惑から、10万人の在日の北朝鮮への帰還事業を成功させたのです(1959-198年)(注)
私は旧宗主国は、植民地支配下で日本に残った台湾人、朝鮮人には無条件に日本国籍を認め、希望者にはどの国籍を選ぶのかの選択の自由を認めるべきであったと考えます。しかし実際は日本の独立にあたって、旧植民地下の民衆の意見や希望を聞くとか、選択肢を提示するということは一切、なかったのです。

② 「当然の法理」を取り上げる思想的な意味について
 私たちがどうして公務員の人事(任用)に関する「当然の法理」にこだわるのか、この点を明確にしておく必要があります。それは「当然の法理」は公務員の人事(任用)に関する政府見解でありながら、基本的人権よりも国民国家をすべての前提にした、排外主義的なナショナリズムに結びつき可能性を秘めていると考えるからです。したがって、香均さんの今回の闘いは「当然の法理」という公務員の差別制度に対する闘いですが、実は公務員の人事制度の問題を通して、一般の企業や団体、地域社会、家族、個人においても、戦後の日本が植民地支配の反省、清算をどのように考え新たな日本社会にしていこうとするのかを問う質を持っているのです。
 グローバリズムによって資本は国境を越えていますが、それは国民国家の確固たる地位と力(軍事力)に支えられています。そして国籍や民族を理由にした差別の根幹には国民国家を前提にしたナショナリズムがあります。だから私たちは「当然の法理」が全国の自治体の外国人施策の根幹とされることで、一般の日本人市民の無意識の領域に存在する排外主義的なナショナル・アイデンティティを肯定していくことにならないように注意を喚起するのです。

③ 最高裁の判決について
今回の最高裁まで続いた鄭香均さんの裁判闘争は、外国籍公務員の人事(任用)に制限を加える「当然の法理」とは何か、本当にそのよう差別が許されるのか、その根拠は何かを明らかにして、これまで日本社会で外国人を排除、制限することが当然視されてきたことを根底から問うものとして、大変重要な歴史的な意義を持っていると考えます。それは「日立闘争」において日立という一企業の差別事件が、実は歴史的に日本社会全般において日常的に行われていた事例であったことを横浜地裁が認定したことと、今回の訴訟で「当然の法理」を問題にすることが通底していると考えるからです。東京都の国籍を理由にした差別は、日本社会では当然のこととして受けとめられてきたことではありますが、そのようなことが許されていいのかを問うた鄭香均の裁判は、地裁で敗訴、高裁では勝訴したのですが最高裁では敗けました(2005年)。

しかし最高裁の判決は東京都が鄭香均さんの課長職受験を「当然の法理」を理由にして拒んだことを違法とはしなかったのですが、注目すべきこととして、外国人の公務員就労を前提とした上で、各地方自治体の外国籍公務員の管理職登用それ自体は否定せずまた、外国籍公務員が就いてはいけない職務は何かについて具体的な言及をしませんでした。従って、外国籍公務員の管理職登用とどのような職務に就くのか(就いてはいけないのか)を決めるのは各地方自治体の判断、裁量であるということになりました。すなわち、「当然の法理」で制限した職務(「公権力の行使」)の内容と管理職登用(「公の意思形成」)は各自治体が判断、決定するということです。

残る問題は、各地自治体が最高裁判決を根拠にして、外国籍公務員に対して国籍を理由として職務と管理職登用で制限してきたこれまでの慣例を独自の判断で突破する明確な意思をもつことができるのか、そしてその意思を地域住民が賛同するのかということになります。これは行き着くところ、地方自治体の人事における自立性の問題にとどまらず、地方自治体と国家の関係及び個人の人権の問題をどのように考えるのか、ということになります。その議論を深めるには国民国家に固有なナショナル・アイデンティティを絶対化しないということが必要になります。そして何よりも、個人の人権は民族や国籍にかかわらず尊重されるべきであるという確固たる人権意識が求められます。地域社会にあっては国籍と民族の違いを乗り越え、人権の問題を地域全体の問題としてとらえるという、ナショナル・アイデンティティを超える人権意識、思想を育み、幅広くそれを共有化し全世界の市民とつながることが求められるのではないでしょうか。

2. 「川崎方式」が内包する問題点

①「当然の法理」を前提にした「川崎方式」
川崎市は国の意向に反して外国人の門戸を開放した(1996年)NHKニュースなどでも報道されましたが、本当にそうなのでしょうか。実は「川崎方式」の「門戸の開放」というのは、ふれあい館を中心とした市民運動側と市職労、川崎市が外国人の「門戸開放」を政令都市として初めて実現させるために協議をして、オール川崎で作り上げたやり方のことをいいます。その目標にとって最大の難関は、国が「公権力の行使」と「公の意思形成」を絶対的な条件とする「当然の法理」でした。オール川崎はその「当然の法理」を前提にし、それに抵触しないように「多文化共生」を掲げてこれまでの各自治体における先例を調べ、智恵を出し合って川崎市の独自のやり方を見い出したのです。それは、「公権力の行使」にあたるかどうかの川崎市独自の判断基準を設けることで、3000を超える全ての職務を検証・選別して「門戸の開放」を実現させるというやり方です。そのようにして全職務の2割は「公権力の行使」の職務と認め外国籍公務員の制限をしましたが、残り8割は「門戸の開放」をしたということです。

「川崎方式」は実は、根本において、「当然の法理」を絶対的な基準にする国の見解を大前提にしたため、国の見解に抵触しないやり方を見つけ出すしかないという判断に立ちました。言い換えれば、「当然の法理」は差別であり問題があったとしても、その点では国と妥協をしてでも、最大目標の「門戸の開放」を実現させようとしたということなのです。
 川崎市が外国人には門戸を開放するけれども採用された外国人の職務と管理職への昇進の制限を決定するにあたり最終的に作成したのは、「外国籍職員の任用に関する運用規程‐外国籍職員のいきいき人事をめざして‐」(「運用規程」)です。外国人の門戸の開放のために「当然の法理」に抵触しないように「運用規程」を作ったということは、結果として「当然の法理」の差別性を問わずその差別を前提にしたことになります。そういう意味では政令都市で川崎市がはじめて「当然の法理」を制度化し、「当然の法理」の差別性を正当化したのです。これは川崎市だけでなく、青丘社ふれあい館を中心とした市民運動、そして市職労が一緒になって「多文化共生」を掲げ、これまでの川崎における闘いの実績の上で、いわばオール川崎で門戸の開放を実現させたということになります。

② 「川崎方式」の問題点―川崎市のリストラ政策との関係
私は川崎市が「門戸開放」を実現したので外国人施策では日本でもっとも進歩的な市であるという印象を持っていたんですが、東京都とまったく同じ実態であったことがわかりました。むしろ東京都になかった「当然の法理」を「運用規定」というかたちで制度化し、「当然の法理」を正当化したところが川崎市であり「川崎方式」です。それでは外国人への門戸開放を実現させるための「川崎方式」の一体、どこに問題があるのでしょうか、検証を進めましょう。

 まず「川崎方式」で作られた「運用規定」で外国人には就かせないとした職務とは何であったのか? 川崎市は門戸開放宣言から1年間は外国人には「182の職務制限」(1997年当時)をするとしたその職務の内容を公開せず、私たちとの交渉の中でも答えませんでした。なぜ1年間公表しなかったかというと、そもそも「運用規程」は正式名称が「外国籍職員の任用に関する運用規程‐外国籍職員のいきいき人事をめざして‐」というのですが、門戸開放をして新たに入る外国籍公務員のために作られた人事マニュアルです。川崎市は市の今後の総合的なあり方に関連させるために全職員の中長期的な人事構想で「ジョブ・ローテーション」と言われてましたが、全職員にどんな仕事でもこなせる能力を持たせて組織をよりスリムにして合理化するために作った大きな構想の中に外国籍公務員の人事(任用)システムを組み入れて、組織全体の合理化につなげたかったわけです。これは当初、私たちも見抜くことができませんでした。

 川崎市の人事課の資料には今後10年間の人事のあり方を明示した大きなチャートがあってそれを見ると、その中で外国籍公務員の「運用規定」はひとつの小さな図で描かれていて、市にとってごく一部の問題であることが一目瞭然でした。「外国籍職員の任用に関する運用規程」は川崎市の「新総合計画」・10年計画の中の人事政策に入っており、川崎市の大きな構想の一部にしか過ぎないのです。ですから川崎市は、この10年計画を完成させるまでは、外国人への門戸開放を宣言しても、外国籍公務員には182の職務制限をするというその職務内容を公開しなかったのです。

川崎市は外国人の門戸開放のために「運用規定」を作ったのですが、実際は市としての総合計画で実現したい、職員の能力を高め合理化を進める「ジョブ・ローテーション」というリストラにつながる計画があり、その計画をスムーズに通すために外国人の「いきいき人事」を謳った「外国籍職員の任用に関する運用規定」の作成を市長権限で前にだしたということです。ですから市職労はその時点では、外国人の門戸開放はいいことだと考え、自分たちのリストラと関係しているとは捉えていなかったということです。

③ 「川崎方式」の「門戸の開放」の実態―後手で門戸を締めた!
次に「当然の法理」が日本人に限るとした「公権力の行使」ですが、「川崎方式」はこの政府見解を大前提にして外国人への「門戸の開放」を実現させました。そのために智恵を絞り、「公権力の行使」の職務かどうかを判断する基準を設け、それによって「公権力の法理」の職務に該当するか否かを判断し、その基準に合うものと合わないものとの選別したのです。その結果、3059職務の内182職務は「公権力の行使」に関わる職務で、残りは「公権力の行使」には関わらない職務であるという判断をし、全職務の8割は「公権力の行使」の職務ではないので外国人はその職務に就けるようにしたのです。全職務のうちの8割の「門戸開放」であったということです。

国籍条項撤廃(1996年)した高橋清市長(当時)は、3059の職務を分析し、そのうち182を制限したことについて「一般職だって、その2割のところにつけなければ、あとの8割で活躍してもらえばいいんです。8割というのは大部分でしょう。学校の点数だって80点取ったらものすごくいい成績です。それを2割のために『だめ』と言っているのはおかしい。2割のところの職につけなくても、8割のところで職につければ大丈夫なんです。」(「月刊社会民主」96年11月)と語っています。

8割も開放したんだからいいではないか、学校の点数だって80点とれば「ものすごくいい成績」なんだからということですが、ここではやはり、どうして残り2割の開放はだめなのかの説明はされていません。政府の「当然の法理」を前提にしたからです。そこで川崎市が認めざるを得なかった「公権力の行使」とはなにか、それがどうして地方自治体においても問題にされなければならないのかが問われることになります。

「川崎方式」は「当然の法理」を制度化し、その差別性を正当化したわけですが、具体的には「当然の法理」に記された、日本人に限る職務の条件であった「公権力の行使」を独自に判断基準を設けてそれに合う職務を全ての職務一つひとつ検証し選びだしたのです。「川崎方式」は、「公権力の行使」というのは「一般市民の意思に反して、その人の自由・権利を制限すること」と独自に規定しました。たとえば伝染病にかかったときその人がいやだといっても強制的に隔離するしかないわけです。払うべき税金を払えなかったらその人が嫌だと言っても競売にかけるということになります。なんとその中には狂犬病への注射をする職務も入っています。タバコを道に捨てた人を罰する職務も禁じられています。それらの職務を川崎市は「公権力の行使」と捉え、一般市民の意思に反してその人の自由・権利を制限する(公権力を行使する)ということで外国籍公務員にはそれらの仕事に就かせないことを決めました。これ以外は「公権力の行使」に反していないので外国人でも職務につけても構わないということです。これが「川崎方式」の実態です。

管理職(「公の意思形成」)に関しては、専門的な知識や経験を活かして特定の業務を担当するスタッフ職の課長までは認めるそうです。この話を聞いた川崎のお母さんたちは、誰が管理職にもなれず、自分のやりたい仕事もできない職場に子供が行きたがるのか、それは「門戸の開放」をしながら後ろ手で締めたということではないかと言っていました。まことに言い得て妙だなと感心したことがありました。

④ 「川崎方式」の落とし穴
このように川崎市は独自のやり方で「門戸の開放」を実現させたのですが、ここに実は落とし穴がありました。どうしてかというと、まず公権力を持つ地方公務員は無制限に、恣意的に一般市民の自由・権利を制限することなどできません。これは戦後の国民主権になった日本では許されないわけです。制限することが許されるのは、その制限を認める一定の「法」があるときだけで、その限られた範囲であれば一般市民の自由・権利を制限することも認められるということです。そうすると公務員であれば誰でも、法令、条例、規則に則って「公権力の行使」の職務を遂行することができるということになります。

労働者としての権利を保証されており、労働基準法第3(均等待遇)「使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない」、職業安定法第3(均等待遇)「何人も人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地、従前の職業、労働組合の組合員であること等を理由として、職業紹介、職業指導等について差別的取扱を受けることがない」ことが明記されているので、公務員が「国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱」を受けることは許されないのです。

ここで「川崎方式」は自家撞着に陥いるわけです。「門戸の開放」のために考え出した、「当然の法理」を前提にした「川崎方式」によって182職務に外国籍公務員を就かせないことを受け容れたのですが、そのやり方自体に実は問題があるのです。「当然の法理」は労働基準法第3条に抵触する可能性があるからです。国籍による管理職への登用の禁止も同じです。しかし「公権力の行使」と「公の意思形成」の職務は日本国籍者に限るとした政府見解の「当然の法理」に基づいて川崎市は独自に「運用規定」を作ったのですが、その「運用規定」は明らかに労基法3条に反しています。しかし福田現川崎市長は一回目の選挙戦のなかで、川崎の「運用規定」は問題があるという私の意見に対して、私に直接、「それは差別ではなく区別」であるから問題ではないという主張をしていました。これが現在の「多文化共生」を謳う川崎市の見解です。国籍を理由にして外国籍公務員に対して職務及び管理職への昇進の制限をすることは差別ではなく、区別だというのです。門戸を開放した「川崎方式」の実態です。

2回目の市長選では福田市長は「差別の根絶に向けた施策の実施と条例制定の提案を掲げて当選」したのですが、「差別の根絶」の一環として「運用規定」の改革に取り組むのでしょうか。またヘイトスピーチで在特会を蹴散らし、「人種差別の禁止をうたい、ヘイトスピーチに刑事罰を科す条例の制定」案を準備したふれあい館を中心とした市民運動の人たちは、「運用規定」は公的差別である(神奈川新聞 石橋学記者)として「川崎方式」の改革を求める具体的な活動をはじめるのでしょうか。私は川崎における民族差別の次のターゲットはまさに「川崎方式」であると思います。

⑤ 残された問題点
鄭香均さんの最高裁判決は外国人が「公権力の行使」として就くことにできない職務を明示せず、また管理職の登用の禁止を認めたのではなく、それらは各地方自治体が自分の判断で決めるべきであるとしました。川崎市、市職労、市民運動体が一緒になってオール川崎で外国人への門戸の開放のために「運用規定」をつくり「当然の法理」を制度化したのが「川崎方式」です。「川崎方式」は「公権力の行使」を定義しその判断基準を設定し、それに基づいて182職務は「公権力の行使」に該当すると決定し、それ以外の職務を外国籍公務員に開放したことになります。

そうすると、同じ公務員であるのに外国籍公務員は国籍の違いを理由にしてどうして限られた職務にしか就けないのか、管理職に登用される権利が制限されるのかという本質的な問題が残ります。なぜなら、このような処置は完全に労働基準法と職業安定法に反しているからです。川崎市は地方自治体として独自に人事(任用)を取り扱う決定をしたのですが、結局は政府の顔色を伺ったということになると私は思います。実際の現場の立場から外国籍公務員が就いてはいけない職務はどのようなものか、外国籍公務員が就くことでどのような支障があるのか、どうして管理職に登用できないのかを市民(当然、外国人を交えて)の公開の議論を川崎市は保障し、形式的な基準制定に終わらせず、実態に即した基準を設定すべきであったと私は考えます。

「川崎方式」は「公権力の行使」に当たるかどうかの判断基準を設けたものなのですが、それは逆に言うと、外国人に制限した職務内容を現場レベルで検討せず、形式的、機会的に選別したということです。狂犬病に注射する職務はどうして外国人は就けないのでしょうか。鄭香均は、「現在東京都で認められている、保健師活動の一つである精神保健福祉法にもとづいた仕事も感染症法に基づいた仕事も、川崎市では「公権力の行使」であるとして従事することができません。」と指摘しています。川崎市はせっかく独自の判断基準で「公権力の行使」にあたらない職務を選別したのですから、「公権力の行使」にあたるとなった職務も実際の現場で仕事内容にまで立ち入り検討すれば、その多くは外国人でも問題はないという見解をだせたのではないでしょうか。そのためには学識経験者だけでなく、広く青丘社ふれあい館を含めて一般市民の参加を呼びかけ、議論し、叡智を集めるという民主的な手段を講じるべきであったのです。

同じ地方公務員でありながら外国籍公務員に対して国籍を理由にして就くことができない職務とそうでない職務があるということを認めるということは、それを禁じる労働基準法があるので法治国家の原則に反することになります。この点を運動体はよく知りながらも外国人の門戸の開放のためにはそうするしかなかったということのようですが、百歩譲ってそうであれば、運動体も市側も「川崎方式」を実現させた段階で、この「川崎方式」には重大な問題(あるいは課題)が残っているということを公にすべきでした。そしてその問題の解決のためには最終的に市長が決定した「運用規定」(マニュアル)の見直しを将来の課題にするべきであったのです。それをしないから、結局、なし崩し的に「川崎方式」が全国に拡がっていったということになります。全国の地方自治体において、外国籍公務員の人事(任用)における差別が制度化され、それが日本社会に根強くある外国人差別の増長につながっていく危険性について川崎市も市民運動側ももっと思慮深さが求められたのではないかと思われます。

私は川崎における市民運動が在特会のヘイトスピーチのデモを蹴散らし行政も公共施設を利用させなかったという実績の上で、あらゆる差別を許さずヘイトスピーチに刑事罰をという条例を現市長は準備するそうですが、それに呼応する形で「川崎方式」の問題を明らかにする運動が市民の中からでてくることを願います。

最後に外国人市民の政治参加ということで作られた外国人市民代表者会議において、この外国籍公務員の職務・管理職昇進が国籍を理由にして制限されている問題が今まで一度も取り上げられたことがないことに疑問が残ります。これは公務員の人事(任用)問題であり一般外国人住民には関係がないということでなく、これは多文化共生の推進という観点からも、国籍を理由にした差別は許されないという視点から外国人市民代表者会議の議論としてとりあげ、深く議論をするべきであったと思われます。
 
3. 川崎市の10年計画と「共生」政策について

① 川崎市のこれまでの多文化共生施策
川崎市は当時、神奈川県飛鳥知事と東京都の美濃部都知事と並び革新市政と言われた伊藤三郎市長の時代から、指紋押捺を拒否した外国人市民の動きに対して国とは異なる、指紋押捺拒否者の告発をしないという方針を出しました(1985年)。それ以来、川崎南部ではじめられた外国人市民の地域活動、特に保育事業からはじまった、市内の公立学校に通う在日子弟の本名を名乗らせるオモニ(お母さん)たちの運動に応え、川崎市は「川崎市在日外国人教育基本法―主として在日韓国・朝鮮人教育―」の制定をしました(1986年)。そして地域住民の反対運動があった中で「多文化共生」を掲げ公設民営化の形で「ふれあい館・桜本こども文化センター」が建設され、その運営が社会福祉法人青丘社に委ねられたのです(1988年)。

ふれあい館はその後、川崎市の支援を受け、在日子弟だけでなく、急増するニューカマーや高齢者、障害者を対象にした地域での幅広い活動をはじめています。川崎市はニューカマーの急増とともに「多文化共生」を掲げる施策だけではなく、子供や高齢者、女性差別など地域にあるあらゆる差別・偏見と総合的に取り組むべく、有識者による川崎市人権施策推進協議を設置し、2018年4月現在、その協議会として、1つは「多文化共生社会推進指針に関する部会」、もう一つは「ヘイトスピーチに関する部会を設けて、二期目の当選をした福田市長の下で、他の地方自体体の先頭に立って、積極的に「多文化共生」を具体化する施策を進めています。

川崎市は市内の公立学校に通う在日子弟の教育問題に取り組むために「川崎市在日外国人教育基本法―主として在日韓国・挑戦時教育―」の制定後、ニューカマーの急増とともにそれを「川崎市外国人教育基本方針―多文化共生の社会をめざしー」(1998)に改定しました。「80年代後半には、外国人市民を共に生きる地域社会づくりのパートナーと位置づけ、 1996年に外国人市民の市政参加の仕組みとして全国に先駆けて「川崎市外国人市民代表者会議」を条例で設置しました」(2015年「川崎市国際施策推進プラン」より)。そして同年96年に市職員採用の国籍条項を撤廃するという、外国人住民の要望に応える様々な取り組みをしてきました。

福田現川崎市長は2期目にあたり「差別の根絶に向けた施策の実施と条例制定の提案を掲げて当選」し、川崎市推進協議会から答申された「差別や偏見のない社会を実現するための施策」を積極的に進めています。外国人へのヘイトスピーチに対しては「人種差別の禁止をうたい、ヘイトスピーチに刑事罰を科す条例の早期制定」の準備を約束しています(神奈川新聞、2018年3月2日)。
このようにして「多文化共生」は、「地方自治体や、NGONPOが主体となって推進」して(岩渕功一著編『多文化社会の<文化>を問う』(青弓社))、総務省が国家省庁として初めて地方自治体の「多文化共生」施策推進の取りまとめをするようになり(2005年)、今や川崎市だけではなく、全国の地方自治体で定着するようになりました。

② 阿部前市長の外国人は「準会員」発言について
阿部前市長(2001~2013年)は公けの席で「外国人も重要な構成員」であるとしながら、外国人は「準会員」と話して物議を醸したことがあります(2002年2月6日)。「準会員」ということは、外国人は地方参政権がなく二級市民だということです。国籍に関係なく外国人も川崎では市民であるといいながら、外国人は二級市民、「準会員」だといっているわけです。なおかつ川崎市の市民である外国籍者が公務員となったときにその人が日本籍公務員と違って昇進もできない、働く場所も制限される、こういうことが「外国人も市民ですよ」と言いながら当たり前のごとくなされている川崎市の実態に誰も異議を唱えないでいます。市長は「タウンミーティング」を川崎市全7区でやりましたが、誰もこの矛盾を指摘していません。

 阿部市長の「準会員」発言については多くの批判がありましたが、阿部市長は最終的には自己批判をしていません。それがどのような公の決着をしたのか不明です。彼は発言の撤回をしていませんし、謝罪もしていません。そのかわりに市はこれからも同じように「多文化共生」政策をやりますよという言質を運動体に与えることによって、運動体は阿部市長と妥協しました。

 私たちは、この「準会員」発言を正式に撤回させるというのは重要な意味があると考えています。この「準会員」発言について、「ふれあい館」の理事長でありいままでの私たちの民族差別撤廃運動のリーダーであった(故)李仁夏牧師が2003年11月の公開シンポジウムの席で、外国人市民代表者会議の代表であった李牧師と副代表のN氏が「市長と会って準会員発言をするなと市長に口封じをした」と発言したことがありました(2004年3月15日川崎連絡会議ニュ-ス第15号)。市のトップが「外国人は準会員」だと言ったことに対して運動側のトップが「口封じをした」のです。「口封じ」とは、その発言の撤回を求め発言者の責任を問うのでなく、その発言はないことにして内内で解決しましょうということです。それ以来、市長は発言の非を認め謝罪することなく、この外国人は「準会員」発言をしなくなりました。

 運動側のトップが市のトップに口封じをする。運動側が自治体と同じ「多文化共生」を掲げ仲間という関係になったことの象徴的な出来事ではないでしょうか。ふれあい館を中心にして多くの団体、市民が阿部市長の「準会員」発言を批判しましたが、その後阿部市長の自己批判も謝罪もないなかで、川崎市は川崎南部の在日の多住地域にあるふれあい館との提携を深めてきます。「1988年3月に定められた「川崎市ふれあい館条例」に基づき、地域の児童の健全育成を目的とした桜本こども文化センターを併設して川崎市ふれあい館が設立」されたと市のHPで紹介されています。

注:平成14年の川崎市議会における阿部前市長の発言
長(阿部孝夫) 
次に,このたびの地方新時代町村シンポジウムでの発言でございますが,
一連の議論の中で,地方参政権について述べたものでございます。
永住外国人に関する地方参政権に関しましては,国会などでの議論の推移を
見守っていきたいと考えておりますが,地方自治における外国籍者の権利
につきましては,民として義務に対応して受益する権利と,それからもう一つ,参政権のように公の支配に直接,間接的にかかわってくる権利があると考えますが,この後者の公的な支配に関与してくる権利につきましては,団体等の場合の正会員ともいうべき日本国籍者について優先的に考えるべきではないかという意見を持っておりまして,それを述べたものでございます。なお,地方参政権に関する法律が制定されましたならば,それに従うのは当然のことでございます。

③ 「多文化共生」の危険性
「民族差別と闘う砦づくり」は「多文化共生」をスローガンとして運動体と行政が一緒になって標榜することで、運動側は公設民営組織を運営する権利を獲得することになります。日立闘争以降の在日朝鮮人の地域での民族差別をなくす運動を通して、地域全体の差別のない社会をめざしていたものが、「多文化共生」を行政との共通のスローガンにして行政をパ―トナーとして公設民営の組織を運営していくことは運動としての大きな成果であっただけでなく、そうすることの問題点も同時に把握することが必要であったはずです。

 まず、「多文化共生」の原理的な意味、本質を見る必要があります。「共生」は川崎においては、もともとは障害を持っている人の心の叫びであり、障害者への差別に対する批判として唱えられたものです。疎外されている人たちが、疎外している(あるいは差別を黙認している)体制に対してそれでいいのかと訴えたのが、そもそも「共生」なのです。「共生」というのは共生できない差別社会に対する批判的な視点を持ったものでした。それが行政と一体になることによって、批判的な視点を無くしていく危険性があります。

批判的な視点、批判的な心の叫びをなくした「共生」というのは何かというと、みんな仲良くですから、異民族間の人間関係を重視する「多文化共生」は排外主義的なナショナリズムを克服し、制度化・構造化された差別を変革する理念にはならない危険性を原理的に抱えています。今の市民運動は「多文化共生」を掲げていますが、「多文化共生」は根本的に排外的なナショナリズムに対する批判の理念になれず、既成体制によって制度化・構造化された差別を克服することは困難であるということを理解する必要があると考えます。

 日帝時代の満州統治のイデオロギーというのは、「五族協和」です。批判的スローガンでなくなった「協和」(=「共生」)というのは排外主義的なナショナリズムを批判できない、統治のイデオロギーになってしまっていたのです。現在誰もがよいこととする「多文化共生」がこの戦前の「五族協和」とどこがちがうのか、明確にする必要があります。日本における「多文化共生」は、無くてはならない大きな存在になってきた外国人の統治・管理政策のイデオロギーの一面があることを黙認してはいけないと私は考えます。

地域や日本社会全体において、地域住民に対する政策が決められるとき、その過程において、当事者である外国人の思いや意見を聞き一緒になって議論しその政策決定過程に外国人が参加することがあるのでしょうか。日本において外国人は、国政はいうまでもなく地方の参政権も認められていません。政治参加は認められていないのです。外国人の基本的人権を認め保障するのでなく、それを排除し単なる「文化」に限定して異民族間の人間関係を重視したカテゴリーに押し込んでいるのが「多文化共生」ではないのでしょうか。川崎市がつくった外国人市民代表者会議が、外国人住民にとって本来の意味おいて政治参加となっているのかどうか、厳しい検証が必要です。「多文化共生」はみんな仲良くということですから、そのこと自体はいいことに決まっています。問題は、その中身です。それが実態としてどのような現実を作り出しているのかを批判的に検証することこそが求められていると思われます。

 差別・抑圧するナショナリズムに抵抗するナショナリズムは高く評価されていますが、ナショナリズムが権力と共有するイデオロギーになったときに、地域住民は権力を批判することができるでしょうか。

ですから、社会に実際に現存する不義に対する抵抗としての「共生」は有意義であっても、文化に限定して人間関係を重視する「多文化共生」が社会を変革していく理念になりうるのか、このことも厳しく検証する必要があります。日本人も韓国人も仲良くしましょう、ということは日本と韓国のナショナリズムを同列に捉えてそれぞれを尊重しましょうということであり、排外主義的になる危険性をはらむ「日の丸・君が代」の賛美と強調を「多文化共生」は抑制・批判できないのではないかと私は危惧します。

④ 「要求から参加へ」の問題点
 私たちが日立闘争から地域活動をはじめたときには、「民族差別と闘う砦作り」をめざしました。ところが、それが行政と共に「多文化共生」を進めるというようになって、行政に対しては「要求から参加へ」となってきました。もはや運動側は行政に要求する段階を終え、市政に参加する段階になったという認識です。しかしそれは民族差別と闘うという運動方針を総括して次の段階に進んだということにはなりません。事実、「民族差別との闘い」がどのように「多文化共生」に変わっていったのか、それを総括する議論は川崎においては未だなされていませんし、そもそも文化を強調し、急激に増加する外国人との軋轢をなくすために日本社会が作り上げた、構造化・制度化された差別を変革する運動は未だ成し遂げられていません。外国人の政治参加を保証しないままの「多文化共生」はいいことばかりでなく、差別を固定化するイデオロギーである可能性も否定できません。

 阿部前市政の思想はあえて言うと二つあると思います。自己責任と市場原理・合理化、これが彼の思想です。少数者のためになる政策が市全体のためになるのであれば、川崎市が外国人施策において全国的にもっとも先進的な都市になったということは、外国人にとってだけではなく川崎市全体にとってもいいことだとなります。ということは、川崎市は国家全体としての産業化と右傾化の波に逆らいながらも市民の権利を重要視する方向に向かっているということになります。しかし私は川崎市も日本国家の動向に追随し、市民の人権よりも大企業を優遇する政策をとってきたと思っています。その一番いい例が、東京湾に面した川崎市自慢のコンビナートです。広大で日本の産業化に寄与するコンビナートのそのすぐ横に朝鮮人の集落があります。道は狭く火災があっても消防車がとても通れるような道ではなりません。この対比がすべてを物語ります。 


⑤ 少数者の問題解決は多数者のためにもなり、社会の変革につながるのか
 川崎には少数者のためにいいことは多数者のためにいいことだという、故李仁夏牧師が提唱した有名な論理があります。そうすると、川崎市は外国人施策においては他の都市よりも進んでいる分、他の地方自治体よりも全体として人権を重視する開かれた都市でなければならないということになります。

 では、川崎は開かれた街になっているのか、新総合計画が来年3月決定されることによって川崎はより開かれた都市になるのか、市民・住民自治の確立のためには市民は市政に参加する責務があるんだという、この川崎市の方針は開かれた街づくりにつながるのでしょうか。一人ひとりの市民が市政に参加するということを明文化したことによって、川崎市は一個人、地域、これに対する管理を強めることになるという逆説も無視できません。

 基本自治条例の「第2 自治運営を担う主体の役割、責務等」があるんですが、「苦情、不服などに対する措置」で「市に、市民の市政に関する苦情、不服などについて、簡易迅速にその処理、救済などを図る機関の設置を定めます」とあります。市に不満があるんだったら、それを救済する機関を作りますよ、というわけです。

 しかし私たちが交渉をはじめてから7年経ちますが、阿部市長への公開質問状、20項目を出しても回答はわずか2行です。「いままでの多文化共生政策を進めます」、これしかないのです。基本自治条例ができた段階で本当に開かれた市政、地方自治体になっていくのでしょうか。

 たとえばホームレスのことにしても、これはタウンミーティングで聞いたのですが、富士見公園を緑地化するために彼らを排除して、きれいにする場所を作りました。緑化が目的ですからその阻害要因であるホームレスは疎外、排除したというわけです。

 すべての市民の参加を求める川崎市の政策の中にすべての外国人の差別と闘う運動は完全に包摂されてしまったのではないかと、私は危惧するのです。そのすべてを包摂するイデオロギーが「多文化共生」です。「多文化共生」は排外主義的なナショナリズムを克服し、制度化・構造化した差別をなくしていく闘いの理念になれないのではないでしょうか。この「当然の法理」を掲げて国籍による外国人公務員への昇進を拒否した東京都にたいして果敢にたたかっているのが鄭香均さんです。

 以上のような物事の本質を見抜く人は多くないかもしれません。自己切開をしないと為政者のイデオロギーが見えないとすると、これは痛みを伴うわけですから。私たちの運動が小さいからといって悲観することはないと思います。むしろ市民の方と話をしていると私たちの話は説得力をもっていると感じます。ということで、香均さんにバトンタッチしたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿