2016年6月5日日曜日

歴史は動いた!市民の力がヘイトデモを退却させた!

偉大な市民の力、在特会のヘイトデモを追っ払う、これは私が書いたものですが、ツイターにでている言葉はもっと心を打ちます。今日、川崎で歴史が動きました。川崎市と裁判所がヘイトデモの公園使用禁止、市内施設の立ち入り制限を決定したにも拘わらず、神奈川公安員会はヘイトデモの道路使用を認めたのです。そして予告通り、6月5日朝、10時に在特会グループの差別主義集団は川崎市の平和公園に集合した、警察のガードの下で出発する寸前、市民は座り込み、ヘイトデモの行進をさせない行動をとったのです。その結果、ついにヘイトデモ集団は動けず、デモの中止を宣言しました。市民の歴史的な勝利です!

川崎市内にいた私は某新聞社から電話をもらい、未確認ながら、ヘイトデモの中止を知りました。その時に記者に話した内容をツイターしました。未確認情報ですが、川崎の平和公園でのヘイトデモは一旦スタートしたものの、解散したそうです。川崎ではここで一気呵成に、あらゆる差別を緩さないという世界レベルの条例を作るべきです。

後で映像を見ましたが、現場は想像以上に感動的であったようです。2000名の日本人、在日、外国人が集まり、とにかくヘイトデモを退却させたのです。これは歴史に残る出来事だと言わざるをえません。

私は市民運動の事務方の努力に敬意を表します。そしてこの歴史的な出来事はこの50年にわたる川崎の在日の差別に対する闘いの結晶であると実感するのです。日立を相手にした就職差別闘争の勝利のことが思い出されます。川崎信用金庫の融資差別撤回、そして川崎市における国籍条項撤廃などなど走馬灯のように過去の闘いのことがよみがえります。

しかし闘いはこれからです。在特会はまだまだヘイトスピーチをばらまくデモをやり続けるでしょう。私は川崎市議会で一日もはやく、今度の歴史的な勝利の大衆的な経験の上で、全国に前例がない、世界的な水準の差別を禁じる条例を作るべきだと思います。今なら、できる、そう思うのです。

そして次の課題は、差別を制度化している「当然の法理」の撤廃です。いざというときに戦争に行かない外国人は「準会員」だと言った前川崎市長。「差別ではなく、区別」という現市長。外国人には地方公務員の門戸を開放しても管理職にはならせない、市民に命令する職務には就かせない、このようなことが全国のすべての地方自治体で決められています。「当然の法理」という政府見解です。この厚い壁を今なら突破できるのではないかと思うのです。そうです、川崎を突破口にするのです。みなさん、いかがでしょうか。

以下、感動的なツイターを紹介します。


デモを中止させ平和公園で報告集会。ヘイト側と抗議の市民が2000人との凄まじい怒涛の時間のあとの、安寧な笑顔と嬉し涙の集会。


韓国の聯合ニュース「ヘイトデモ止めた、在日3世の涙」
혐한시위 막았다…재일동포 3세 눈물 http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=PYH20160605031800073&mobile …


川崎のヘイトデモを止めたのも「個人」の集まりだよ。法を無効化させないために。
法を生かすための息を吹き込んだのは市民だよ。なんて感動的なんだ。集まったすべての人たちをリスペクト。


ホント胸熱すぎて泣けちゃうね こんな日が来るなんて夢みたい 諦めずに立ち向かったみんなマジでカッコええよ 2016.6.5川崎ノー・ヘイト・フェスティバルは歴史的1日になったね🙌🙌🙌


本日のヘイトデモ、たった10メートルで中止とのこと。ヘイトの声は川崎には響かず。警察の周旋で主催者にカウンターから手紙も手渡した。カウンターは非暴力と対話で差別をなくしていく。

本日のヘイトデモ、たった10メートルで中止とのこと。ヘイトの声は川崎には響かず。警察の周旋で主催者にカウンターから手紙も手渡した。カウンターは非暴力と対話で差別をなくしていく。




川崎のヘイトデモは中止となったが、その直前まで警察は、反対車線まで使ってデモを出発させようとしていた。差別デモに抗議する人たちのとっさの判断と行動がなければ、デモは行われていたことは忘れない。


柳美里
神奈川県川崎市でのヘイトデモの阻止、日本人の心有る方々が「他人事ではない。自分の問題だ」と立ち上がってくださったお陰だと思います。心から感謝いたします



参考までに:
http://matome.naver.jp/odai/2146509393032584501?page=2 …



ヘイトスピーチの裏側にある構造化された差別について
http://oklos-che.blogspot.jp/2016/05/2013512-zaitok-kai-is-coming-to-town.html


0 件のコメント:

コメントを投稿